ジャージの素材や種類、正しい洗濯方法を解説します

スポーツを行う人が着用することが多いジャージですが、実際に購入、使用をしようと思った際に、どんなものがあるかご存知でしょうか。スポーツ用品店などに足を運んでみるとわかりますが、その素材や種類は非常に多く、どんなものを購入すればいいか迷う人もいます。また実際に購入してもどういった洗濯方法が正しいか知らない人も多いでしょう。

 

 

 

ジャージとはどんなもの?

ジャージといえば一般的にスポーツを行う動きやすい服のことを連想する人が多いでしょう。もちろんその解釈は基本的には正しいです。ジャージはジャージー素材で作成されたもののことを指します。このジャージーとは編み物の編み方の一つの名前です。この編み方の生地で作成されたジャージー素材で、生地がやわらかくよく伸び、さらに生地が傷みづらいという特徴もあるためスポーツを行う人が着ることが多いです。

生地によって呼び方が変わります

ジャージは前開きになり、上下セットで売られているもの、という形や売り方などで認識されている人も多いですが、実際には使用されている素材によってその呼び方が変わります。ジャージは本来ポリエステルがメインで、生地がよく伸びるため動きやすいという長所があります。しかしこのポリエステルは汗を吸収しづらいという短所があります。この短所を補うために開発されたのがスウェットです。このスウェットとはジャージー編みによって、綿をメインで作成されており、ジャージの中の綿ジャージの一種類といえます。またナイロンがメインで作成されたものをウィンドブレーカーといいます。ウィンドブレーカーは寒さを防ぐことが目的で着ることが多く、風による体温の低下を防ぐことができたり、撥水加工がしてあるものが多いため軽い雨を凌ぐことができたりもします。ウィンドブレーカーはナイロンジャージと呼ばれることもありますが、実際にはジャージー編みが使用されていないため、ジャージとはいえません。

ジャージの正しいお手入れ方法とは?

あがぃたんでぃさん(@agaitande)がシェアした投稿


ジャージー素材はスポーツウェアとしてのジャージだけでなく、普段から着用できる服に採用されていることも多いです。最近ではシャツなどに採用されており、生地かよく伸びるという長所をいかし動きやすく、身体にフィットしやすいため人気があります。また近年ではジャケットやスーツなどでも採用されており、その動きやすさから人気を集めています。そんな人気を集める素材ですが、正しい洗濯方法を知らない人も多いのでないでしょうか。ジャージー素材は固く編まれているわけではないため、洗濯機で洗濯すると型が崩れやすい素材といえます。そのため洗濯機よりも手洗いが適しているといえます。手洗いでは30度程度のぬるま湯とおしゃれ着用の洗剤を使用するとよいです。洗剤に15分程度付け置きし、その後優しく押し洗いします。2回から3回すすいだら、軽くしぼり、洗濯ネットに入れ洗濯機で30秒前後脱水します。またジャージはポリエステルが多く、ポリエステルは毛玉ができやすいため静電気防止スプレーを使用することで多少なりとも毛玉を防ぐことが可能となります。

まとめ

ジャージとはスポーツを行うための服のことだけでなくジャージー編みで作成されたものをいいます。ナイロン製のものはジャージではなくウィンドブレーカーです。ジャージー素材は生地が良く伸び、動きやすいため、最近ではスポーツウェアだけでなく、普段着やおしゃれ着として活用することができるシャツやスーツなども多く、洗濯は手洗いすることで型崩れを防ぐことが可能です。