自作できるスポーツジャージ

学生の部活動やクラブチームでおそろいのオリジナルジャージを作成することがあると思います。自分たちでデザインしたジャージを着ていると一体感や団結感が生まれて、チーム全体が活気づくなどのメリットがあります。現在はオリジナルジャージなどを作ろうとするとインターネットで注文することが一般的になっているので、学生などの身分であっても気軽に作成できる方法として全国的に喜ばれています。しかし、数ある作成会社の中から、どの会社に依頼すれば良いのか難しいと思うので、簡単な選び方などについて知っておくと良いでしょう。

 

 

作成後のデザインで選ぶ

作成依頼を請け負っている業者の中には、どのジャージにプリントしたいのかフォーマットを見せている業者がよくあります。ベースとなるジャージは作成後の着用感などにも影響するので、事前に気にしておきたいでしょう。もともと入っているメーカー名などのデザインが、作成後に邪魔にならないかなど気にしながら依頼する必要があるので、仲間たちとよく話し合っておく必要があります。信頼できるメーカーなどのベースジャージがあるのなら、それを利用する方法も一つの手段です。

 
 
 
View this post on Instagram

M.tanakaさん(@pocoapoco1026)がシェアした投稿

イチからデザインするジャージ

最初からベースが決まっているものではなく、無地のジャージに自分たちのオリジナルデザインする方法も人気があります。この方法を選んだ場合は、自分たちで好きなようにデザイン案を考えることができるので、自由度の高い作成方法となっています。また、もともとベースがあるものに対して、作成にかかってくる費用も安くなっている場合が多いので、費用面を気にして選ぶのも良いでしょう。特に学生たちに利用されることの多い方法となっています。

レイアウトを選んでいく方法

オリジナルジャージというのは必ず自分たちでデザイン案を考える必要はありません。作成業者によってはレイアウトをいくつか用意していて、そこから選んで作る方法もとっているので、安心して作成できることが魅力となっています。完全にメーカー任せのデザインとなるので費用も高めになりますが、完成後のデザインがかっこよく見栄えを意識したい方などはこの方法を選ぶと良いでしょう。

依頼業者の注意点

オリジナルジャージを作成できる業者はインターネットに数多くありますが、選ぶときに気をつけておかなければ損をしてしまうこともあります。中には悪質な業者もいるので、信頼できる業者を見つけましょう。良い業者の選び方は、簡単に見つける方法として他社と比較することです。費用や納期、サービスなどを確認するだけでも違いがわかるので、事前にチェックを忘れないようにしましょう。