ジャージにはかっこいいデザインを

スポーツや運動を行なうためにジャージを着用したことはほとんどすべての方があるでしょう。学生の頃に体育の授業やイベントごとがあるとジャージを着ることも多いと思います。そのためなじみ深いものとなっていますが、学校が指定したものではなく、本格的なジャージにはデザインがかっこいいものが多くあります。シンプルなデザインからかっこいいデザインまで幅広く販売されているので、どのようなデザインのジャージがあるのか見てみましょう。

 

 

メーカーのロゴ入りジャージ

一番多く見かけるジャージのデザインとして、開発したメーカーのロゴが入ったものがあります。メーカーのロゴがあると広告効果もあるので、メーカーとしては積極的に取り入れていきたいデザインとなっています。また、開発メーカーではありませんが、プロスポーツ選手などを見ていると契約しているメーカーのロゴを入れることもあるでしょう。これらも同様に、広告効果を得ることを目的としてジャージのデザインに取り入れています。メーカーのロゴを入れながら、バランスの良い見栄えにする必要があります。

チームで作成するオリジナルジャージ

クラブチームや部活動に所属している場合は、お揃いのジャージを作成することもあります。ジャージの作成はインターネットを利用すれば簡単に行なえるようになっていて、作成までの敷居が下がっています。実際に作成する場合は、どのようなデザインにしたいのか、下書きのラフ案を提出し、作成するジャージの枚数やカラーの指定、サイズなどの必要事項を記入するのです。一番多いデザインとしてチーム名や部活動名を取り入れることが一般的です。

YukimotoBalletTroisさん(@y.ballet.trois)がシェアした投稿

カラーが豊富な市販品

もちろんスポーツショップなどに行けばたくさんジャージが販売されています。ジャージは大量生産することが多いので、同じデザインでカラーが違うものというのがたくさんあります。普通のスポーツショップなどで購入をする場合は、練習時に着用するものとして購入する方が多く、チームで一緒に購入するケースは少ないので、カラーバリエーションを意識してファッション性も取り入れることが可能です。見た目を明るくすることも、シンプルにすることも好みで選べます。

ジャージのほかの使用法

ジャージは着用感が楽な衣服として、部屋着などで重宝している方も多いでしょう。人によっては外出する用事のない休日などは、一日中ジャージで過ごすという方もいます。それほどジャージというのは日常生活に溶け込んでいるもので、年代を問わず人気があります。スポーツ時以外にも着られるので、数着持っていても損はありません。