スポーツジムでのオススメの服装

運動不足が気になり、そろそろスポーツジムへ通いを始めようかなと考え中の人もいるでしょう。しかし、いざスポーツジムに入会し、早速通おう!となった時に悩むことがあります。それは「どんな服装で行けばいいのか」ということ。もちろん家にある動きやすい服装でも問題はありませんが、せっかくなら動きやすくておしゃれな服装の人がやる気が出て、運動の効率も上がります。

Maiさん(@338mai47)がシェアした投稿

Tシャツとハーフパンツが定番

男性の場合、トップスはTシャツやタンクトップ、ボトムスはハーフパンツという格好が定番です。
女性の場合、男性と同様にトップスはTシャツ、ボトムスにハーフパンツという人も多くいます。タンクトップの代わりにスポーツブラジャータイプのトップスを着ている人も。ボトムスはジャージのズボンやホットパンツタイプのものも人気です。
また、男女関係なく上下ジャージも人気です。ジャージならそのまま着てスポーツジムに向かってもおかしくなく、着いてすぐに運動ができますね。運動して、暑くなったら上着だけ脱いで運動する人も多くいます。

大切なのは動きやすさ・速乾性・おしゃれさ

スポーツジムでの服装を探すときの基準は3つあります。
1つ目は動きやすさです。スポーツジムは運動をするための場所なので、動きやすさが最も重要となります。例えば、裾があまりにも広がっていたり、大きすぎてダボダボだったりするズボンは動きにくく、様々なところに引っかかってしまう可能性もあり危険です。アクセサリーや紐がたくさんついているのも同様に危険です。あまりにも自分の体より大きいサイズのものは避け、体に合っている服を探しましょう。そのためにはウェアをお店で試着することをおすすめします。
2つ目は速乾性です。スポーツジムでは当然汗をかきます。乾きが悪いものだと、汗がたまり、気持ち悪いです。すぐに乾くドライな生地で比較的薄いものを選びましょう。
3つ目はおしゃれさです。スポーツジムやレッスンではおしゃれな格好の人もいて、他人の目線が気になることもしばしば。ネットでいいなと思って購入しても、試着してみると想像と違う!ということもあります。こだわって探したい人は是非お店に足を運んでウェアを選んでみましょう。いろいろな機能が備わっているものもあるので、感動することもあるでしょう。

着替えやタオルは忘れずに

スポーツジム初心者がよくやる失敗があります。それは、スポーツジムで着るウェアやジャージは持って行ったけれど、パンツや靴下などの下着の替えやタオルを持っていくのを忘れることです。その結果、汗をかいた下着のまま着替えなければいけなくなります。下着や靴下、タオル、そして濡れたウェアや肌着を入れる袋をお忘れなく。

まとめ

かっこいいブランド物のジャージは結構いい値段がしたりします。そんな時はスポーツ用品店のバーゲンを活用してみましょう。人気ブランドの人気シリーズのものでも、型落ち商品だと安く手に入れるチャンスがあります。また、ネット通販でもかっこよくてお安く手に入るジャージがたくさんあります。
是非お気に入りのウェアを見つけてスポーツジムに足を運んでみてください。